火災保険は必須!!

家を買ったり、部屋を借りたりしたときには絶対、火災保険に入ることです!
滅多なことはないかもしれません。しかし、万が一のことがありますので火災保険の加入は必須です。

実際、住宅ローンを組むときには半強制的に入るようなものです。家財などを補償してくれるものを別口で入っておけば安心です。

火災保険とは、火災や落雷などで建物や家財に被害がでた場合に補償される保険です。爆発・風災・雪災なども含みます。地震保険は任意になります。

火災保険は住宅で使用している建物と、事業で使用している建物とに分類されています。保険対象となる建物の所在地や構造によって保険料は違ってきます。
また、各損保会社の商品によっても異なります。
保険契約期間を長いものにすれば掛け金も割安になってきます。

保険の加入者は建物の所有者で住宅なら家の持ち主で、貸し家であれば大家さんとなります。

火災保険にはいろんな種類があり、保険の対象となるものとならないものがあります。
対象になるものは、火災・落雷・爆発・破裂・雪災・風災や外部からの落下物などで、補償の対象外とされるものには水害や盗難などがあります。

火災保険の契約の際には、どこまでの補償を受けれるのか、ということをしっかり把握して確認することが大事です。
広範囲の補償が欲しいところですが、範囲が広がると保険料は高くなってしまいます。

一括で支払うものと、年払いのものがありますので自身にあったものを選んで下さい。

火災保険とは

火災保険とはその名の火災に備えた保険です。
対象となるのは住宅や事務所を始めとした建物のほか、家財や商品といったあらゆる動産が含まれます。
また、火災保険という名称にはなっていても、火災に限らず水災や地震といった各種自然災害による損害に補償されます。
何らかの災害を被ると、失火見舞い費用や片付け費用といったいろいろな費用が発生しますね。
それらの危機のために火災保険は備えられているのです。

上記で述べたとおり、火災保険の内容は各種に渡ります。
と同時に、様々な種類があるのが火災保険でもあります。
一般物件用の普通火災保険や住宅火災保険、住宅総合保険には火災についての内容も含まれていますし、地震保険も火災保険と関わりがありますね。
団地保険や店舗総合保険といった建物の種類によるものもあります。
もちろん、これらタイプが違えば事故補償も異なってくるものです。
上記で述べた様々な内容の中でも、例えば家財と建物両方についての契約が可能ならば、家財と建物のどちらか一方だけで契約するということも可能です。
それに、地震保険に加入するならば火災保険への加入も必要ということもあり、総合的に考慮しなくてはなりません。

ここ最近の火災保険は様々な補償が増え、また応用が効くようになっています。
不用であろう補償は外し、必要な補償のみを付加させるといった、加入者独自の火災保険にすることが可能です。
今や火災保険もそれぞれに合わせて組み立てる時代。
それだけに、各種火災保険の比較も必要となります。